FC2ブログ

コロナ CD-P6312 の電気代まとめ

コロナの除湿器 CD-P6312 の電気代や口コミ、CD-P6313 との比較についてまとめたサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

使ってみての感想

使ってみての感想ですが、基本的にかなり満足しています。

どうして「基本的に」と言っているかというと、それは「欲を言えばキリがないけど、この値段でこの機能なら」かなり満足できるという意味で、「基本的にかなり満足」ということです。(笑)


買って来てその日に、うちのユニットバスでシャワー後にこの コロナ CD-P6312 を浴室に入れて衣類乾燥モードで除湿してみました。(1時間半〜2時間ほど)

すると、約3.5リットル入るタンクの半分くらいが溜まっていました。除湿効果は非常に高いと思いました。

ただ、ユニットバスを乾燥するよりも、部屋や衣類を乾燥するほうがもちろん多いと思いますので、そのあたりを説明しておくと、雨の日の洗濯物が乾かない時などにすごく活躍しているのですが、それも非常に満足です。
ちゃんと雨の日でも洗濯物がカラッと乾きます。


私は乾きにくい洗濯物を、この CD-P6312 の上部の吹き出し口の上に干しています。


扇風機を洗濯物にあてると乾きやすいように、この除湿後の空気が吐き出された先に洗濯物をおくことで、さらに乾きやすくさせています。


難点を言うと、多少音が気になる点ですかね。悪く言うと少しうるさいということです。

ただ、以前はパナソニックの除湿器を使っていて、これもそこそこ音がしていたので同じではありますが、音のうるささに敏感な方は気になるのかもしれません。

除湿してくれているので仕方ないのかもしれませんが。ちなみに私のうちでは、子どもが寝ている間に電源をONしても、CD-N6312の音で子どもが起きるようなことはありませんよ。

あ、うちの子が鈍感なのかもですけど (^^);


コロナ 除湿器 CD-P6312 の詳細はこちら


スポンサーサイト

PageTop

評判や口コミについて

CD-P6312 や CD-P6313 を使っている他の人がどんな感想を持っているのか。

その評判や口コミについて調べてまとめてみました。


(1)浴室乾燥機と併用すると良い

浴室乾燥機は意外と電気代がかかってしまいますよね。しかもかなり長時間つけておかなければ、湿気や水気がとれないです。

そこで浴室乾燥機と一緒にこの コロナ 除湿器 CD-P6312 を使って除湿するという方法をとっている方がいらっしゃいました。

なにせこのCD-P6312は電気代が安い!(このエントリーで詳しく紹介しています)

なので、浴室に最初からついている電気代の高い乾燥機を使う時間を少なくするために、併用して除湿するというのですね。

素晴らしいアイデアですね。たしかに私もユニットバスで試験的に除湿してみましたが、かなりタンクに水がたまっていて除湿機能のよさを目の当たりにしましたから、この方法はいけると思います。

しかもこの CD-P6312 には、連続排水できるようにホースを接続する穴が最初から用意されているので、3.5リットルのタンクがいっぱいになって途中で排水して〜という面倒な手間がなくなります。



(2)冬場の乾燥では夏場ほど活躍できない

これは、CD-P6312(CD-P6313)が、コンプレッサー式という方式の除湿機だからです。

コンプレッサー式除湿機は、室温が低いと除湿の効率が落ちてしまう特性があるからです。

もし冬場も安定的に、パワフルな除湿を求めるのであれば、デシカント式か、ハイブリット式という方式の除湿機を選んだほうがよいかもです。


ただ、私の場合、もともと冬場は夏場(特に梅雨時期)に比べて乾燥しているので、普通に除湿できれば大丈夫ですからそこまで気にならない点でした。

寒い時期は全然効かないという印象は少なくとも私にはなかったです。


いろいろな評判や口コミをみてみましたが、おおかた価格に対しては満足しているという内容のものが多かったです。


ちなみに、私も満足している中の1人です。^^


コロナ 除湿器 CD-P6312 の詳細はこちら


PageTop

CD-P6312 と CD-P6313 の 違い

コロナ 除湿器 CD-P6312 を買うときに気になるのが、新しく出た「CD-P6313」という機種。

一応CD-P6312の後継機みたいな位置づけなので、何か機能面がバージョンアップしたり、逆に何か機能がなくなっていたり、そのあたりどうなのかと思って調べてみました。

しかし、いくらメーカーから出ている正式な仕様を見ても違いがわかりませんでした。(笑)

というか、スペック的には全く同じで変わらないというのが結論です。

気になる人はメーカーに直接問い合わせするのが無難と思いますが、メーカーの仕様書上も同じですし、ネットでこのことを調べても、はっきりとした違いがあるという情報は得られませんでしたので間違いないと思います。

ここからは私の推測ですが、一応型番を変えることでバージョンアップしたよと思われるので、メーカー的には中身や生産ラインにはほとんど変更を加えることなく、新製品を投入したように見せれるので、コスト削減と宣伝効果が一度に出て割がいいからやっているのではと思います。(邪推しすぎかなー。。)



すごく多機能な製品カテゴリーではないので、バージョンアップのしどころもあまりないでしょうしね。


私としてはCD-P6312の機能で十分ですし、(一応)新製品の CD-P6313 よりも比較的割安に手に入ったので、CD-P6312を購入されることをオススメします。

それでもやっぱり何か新しいに違いないから、多少高くても新型のCD-P6313にするという方以外は、CD-P6312で問題ないと思いますよ。


除湿器 CD-P6312 の詳細はこちらをご覧下さい

PageTop

お手入れ方法

CD-P6312のお手入れはそんなに大変ではありません。

向かって左側面に吸込口があります。ここから部屋の空気を吸い込んで、中で除湿され、カラッとした空気が上部の吹き出し口から出て行きます。

吸込口はこの赤で囲ったところです。

kyukiko.jpg


なので、この吸込口についているエアフィルターにはゴミやホコリが溜まりやすいので、定期的にお手入れする必要があります。



ただ、お手入れと言っても掃除機を使うと簡単です。

吸込口のエアフィルターを取り外して、両面についたホコリを掃除機で吸い取れば終わりです。

あまりにもひどい場合は、そのままお湯とかで洗って乾かしたらいいと思いますが、私は掃除機でばかりやってますがそれでも大丈夫です。


だいたい2週間に1度が推奨となっていますが、これは使用頻度にも寄りますからホコリが溜まってきたなというタイミングでやればいいです。

ただ、ホコリが溜まりすぎると、中に取り込む空気の量が減り、除湿機能が低下するので、お部屋のお掃除をするののついで感覚でパパッとなるのがいいでしょう。


おそらく電気代にも多少影響が出ると思いますからね。(ただ、もともと電気代は安いので大きく影響することはないと思いますけどね(笑))


PageTop

どこで買ったら一番お得か

梅雨時ともなるとかなり人気商品となっている、コロナ 除湿器 CD-P6312(CD-P6313)ですが、一体どこで買ったら一番お得なんでしょうか。


楽天ポイントが貯まるので楽天で CD-P6312 を取り扱う店舗を探してみました。

その中でもひときわ安かった「ホームワイド楽天市場/コロナ除湿機/CD-P6312」。価格は、14,777円 (今現在)


あとは、私もよく使っている Amazonを調べてみたら、こちらは送料無料で 14,800円でした。


Amazonの全商品送料無料の期間はひとまず終わっていますが、このCD-P6312 は送料無料対象ですし、何よりAmazonは注文から到着がものすごく速い!!


というわけで私は今回はAmazonで購入しました。

私オススメの Amazonからの、CD-P6312 購入はこちら


他にも普通にネット検索して調べたら、AQUA-FEELというお店で、14200円という価格で出ていましたが、こちらは私の住んでいる所までの送料を考えると、最低でも15400円にもなりましたのでスルーしました。


あと、先日某大手家電量販店に行って価格交渉してきましたが、17000円までにしかならず、ネットでの価格とかなり違っていたので一旦断念してネットで購入したほうがよいと判断したんです。

多少高くてもすぐに欲しい方はお近くの家電量販店に行って買う。

少しでもリーズナブルに手に入れたいという方は、私がいくつかあげた情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

上に挙げた価格はこの記事を書いたときのものなので、多少変わっていると思いますが、Amazonはだいたいいつ買っても価格では他と比べて損することは少ないのでいいと思います。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。